2014年06月24日

「母乳語」と「離乳語」

わが子に伝える「絶対語感」
外山滋比古著(お茶の水女子大学名誉教授)の中に
国語教育、特に幼児期から低学年の時期に
とても大切なことが書かれてあったので
ご紹介します。

「母乳語」と「離乳語」
聞きなれない表現だとおもいません。?

少し本文を抜粋します。
「母親は、子供にとってはじめての言葉の先生です。
----そして母親はことばを教えるのに適しています。
------耳からことばを覚えていく赤ん坊にとって、
先生である母親の言葉はとてもたいせつです。
------この、はじめのことばを、
私は「母乳語」と読んでいます。
------母親のことばだけで、
こどものこころは、どんどん発達していきます。」

なかなかおもしろいでしょ。
生まれたばかりの子供にとって、
いかに母親の言葉が大切か。

本の帯の部分から
「子育てはことばを教えることから始まります。」

本文より
「生まれたばかりのこどもに話す
母親のことばを、
「マザーリーズ」といいます。

マザーリーズで大切なのは、
◎普通より、
すこし高い調子の声で話すこと
◎抑揚を大きくすること
◎くりかえし言うこと
◎おだやかに、できれば、
ほほえみを浮かべて話すこと

このなかでとくに大切なのは、
「くりかえして言うこと」

子供を育てるのにまず、母乳。
でも何時までも母乳(ミルク)ばかりでは
育ちません。
ここで出番が離乳食。

言葉も同じです。
まず、目で見て実際に見える言葉を
(母親の表情も含めて)
い~っぱい覚えましょう。(母乳語)

その後、離乳食に当たる離乳語の出番です。
目で見て形が分かる、
対象物が特定できる言葉から
目には見えない、
対象物が特定できない
あいまいな言葉の登場です。

母乳語から離乳語への
橋渡しがうまくいかないと
こどもの思考は
とても薄っぺらいものになります。

太朗さんと言われて、
実際に存在する太朗さんではなく、
どこにでもいる太朗という名の人物
(実在しなくてもかまいません)を
想像できるかどうか、
ここが離乳語のポイントです。

具象から抽象への第一歩です。

想像力が働く為には、
この誰でもいい太朗さんが大事になります。

小さい子供は
実際の太朗さんは理解できても
空想の太朗さんはだれか
悩んでしまいます。

日本の子供は
目から言葉を教わる傾向が
強いのですが
最初は耳から覚えていく方が
いいのです。

離乳語が登場しだすと
空想力が出来てくるので、
子供は現実と空想の間をさまよいます。
本人は現実と空想の区別が
はっきりできないので
つい、うそ(とんでもない話)を話します。

たわいもないウソに
笑って答えられる余裕を持って下さいね。

うそ(子どもはそれをウソだとは思っていない)は
頭が良くなっている証拠です。






脳科学を取り入れた楽しいプログラムイロハス・クール無料体験を実施しております。
子ども達一人一人を大切にお預かりしている関係上定員に限りがございます。
楽しいプログラムで「考える力」を育み、将来活かせる「才能」に結び付ける
低学年の地頭力を鍛える学習能力開発スクール

イロハス・クール体験授業お申し込みは 0120-06-7045まで
※定員になり次第募集を終了いたします。ご了承ください。
※遠方からもお越しいただいております。日時・時間はご相談下さい。

こどもの未来を教育の力で創り出すエフイーアイ

専門家による時事ネタコラム「JIJICO」に
「大阪市「問題児童隔離」は正しい決断か?」というタイトルにて、
コラムを掲載していただきました。

専門家による時事ネタコラム「ジジコ」  

Posted by イロハス君 at 16:11受験

2014年06月23日

速読のトレーニング法

本を読むトレーニングには、大きく分けて二つの方法があります。

一つは、本を早く読む練習です。これは速読といわれています。
もう一つは本を正確に読み上げる練習です。これは朗読といわれています。

今日は速読のトレーニング法です。
速読はとにかく早く読むことを訓練します。
読むと言うより、見ると言った方がいいかもしれません。

速読のトレーニング
本を早く読む練習をしましょう。
まず、前回同様、自分の好きな本を準備しましょう。
次に、本の一行に何文字あるかを数えます。
その文字数を本の表紙の裏に書き込みます。
これで準備完了です。

自分で図っても、誰かに測ってもらってもかまいません。
1分間という時間を知る必要があります。
1分たった時点でストップです。

この時間内に、出来るだけ早く本を読みます。
時間がきたら、一行の文字数と読んだ行数をかけます。

さあ、あなたが1分間に読んだ文字数が出ました。

この数字であなたの速読の力を測ります。

1分間で読んだ文字数(前回同様勝手に基準を決めています。)
1級 2000字以上
2級 1600字以上
3級 1300字以上
4級 1000字以上
5級 700字以上

何級までいけましたか。
お母さんも一緒に試してみては。




脳科学を取り入れた楽しいプログラムイロハス・クール無料体験を実施しております。
子ども達一人一人を大切にお預かりしている関係上定員に限りがございます。
楽しいプログラムで「考える力」を育み、将来活かせる「才能」に結び付ける
低学年の地頭力を鍛える学習能力開発スクール

イロハス・クール体験授業お申し込みは 0120-06-7045まで
※定員になり次第募集を終了いたします。ご了承ください。
※遠方からもお越しいただいております。日時・時間はご相談下さい。

こどもの未来を教育の力で創り出すエフイーアイ

専門家による時事ネタコラム「JIJICO」に
「大阪市「問題児童隔離」は正しい決断か?」というタイトルにて、
コラムを掲載していただきました。

専門家による時事ネタコラム「ジジコ」  

Posted by イロハス君 at 22:47受験

2014年06月22日

本を読むトレーニング_朗読に挑戦

本を読むトレーニングには、大きく分けて二つの方法があります。

一つは、本を早く読む練習です。これは速読といわれています。
もう一つは本を正確に読み上げる練習です。これは朗読といわれています。

今回は、この朗読に挑戦します。

まず、自分の好きな本を準備します。(好きな本というところがミソです)
そして、本の上の文字を見ながら、そのまま声に出して読みます。

必ずどこかで読み間違いが起きます。
プロのアナウンサーは、本や資料を読むときに読み間違いをしません。

これにはコツがあります。
目の動きを読む文字より前にもってきます。
目は一行先を見ながら、覚えた文章を口に出していきます。

句読点に気をつけながら、人が聞き取りやすいスピードで読んでみましょう。
何ページ間違えることなく読めましたか。

間違えずに連続で読み続けられたページ数を数えます。
間違えたら、最初のページにもどり、再び読み始めて下さい。

おおよその目安です。(級はかってにつけました)
1級 20ページ以上
2級 15ページ以上
3級 10ページ以上
4級 5ページ以上
5級 3ページ以上
6級 1ページ以上

達成した日を書き込んでおくと効果的です。






脳科学を取り入れた楽しいプログラムイロハス・クール無料体験を実施しております。
子ども達一人一人を大切にお預かりしている関係上定員に限りがございます。
楽しいプログラムで「考える力」を育み、将来活かせる「才能」に結び付ける
低学年の地頭力を鍛える学習能力開発スクール

イロハス・クール体験授業お申し込みは 0120-06-7045まで
※定員になり次第募集を終了いたします。ご了承ください。
※遠方からもお越しいただいております。日時・時間はご相談下さい。

こどもの未来を教育の力で創り出すエフイーアイ

専門家による時事ネタコラム「ジジコ」に取り上げられました。  

Posted by イロハス君 at 19:04受験

2014年06月17日

国語の話、音読から朗読、そして黙読

私の教室の生徒は、国語の点数が安定しているので
入試の時の指導がとっても楽です。

今日は国語の話、
音読から朗読、
そして黙読の話をしましょう。

子供が小さい時、
同じ絵本を何度も見たり、
何度も読んで読んでとせがみます。

親の方も子供に声を出させて
絵本を一緒に読ませながら
復唱させようとします。

一文字一文字ゆっくりと。
一文字から一単語へ、
単語から文章へ。

そして、子供と一緒に絵本を楽しむ。(あ~理想だ)

こんな理想通り、
子供が本に親しんでいけば
国語の力は小学生4・5年ぐらいになると
大人顔負けになるのですが。

ここで大事なのは、
読めない字が少々あっても
子どもなりのイメージがわいていることです。

なぜ、本を読むスピードがてき面に速い黙読でなく、
音読、朗読を大事にするか、
速読ではなく遅読(熟読)を大事にするか、
理由はお分かりだと思います。

すべての思考の基は、母国語です。
日本人なら、日本語です。
言語の習得はすべてのリテラシーにつながっていきます。

朗読ができる子供は、
黙読をさせても1分間に1000文字から2000文字程度は
楽に読むことができます。

言語の習得(音としての文字だけでなく、
意味を持った文字の習得)が未熟であれば
1分間に3000文字読めても、朗読はできません。

朗読をさせてみれば
どの文字が読めないか、
どの言葉の意味を理解していないか、
文章の流れ、
登場人物の性格・感情が読みこめているか
その子の国語力の多くのことが感じ取れます。

手前味噌ですが
私どもの子供たちを指導して下さっている冨岡先生や田中先生の朗読を聞くと
眼をつぶっていても情景が浮かびます。
さすが、プロです。





脳科学を取り入れた楽しいプログラムイロハス・クール無料体験を実施しております。
子ども達一人一人を大切にお預かりしている関係上定員に限りがございます。
楽しいプログラムで「考える力」を育み、将来活かせる「才能」に結び付ける
低学年の地頭力を鍛える学習能力開発スクール

イロハス・クール体験授業お申し込みは 0120-06-7045まで
※定員になり次第募集を終了いたします。ご了承ください。
※遠方からもお越しいただいております。日時・時間はご相談下さい。
  

Posted by イロハス君 at 15:10受験

2014年06月03日

子供の指導は音楽のライブ

20年以上前から
神戸で岸本先生が
「おちこぼれをなくす会」的なものを
開催しておられました。

20年前、
私が低学年指導を始めたころ
岸本先生のいろいろな手法を
参考にさせていただきました。

とてもいい指導法がいくつもあって
こんな先生に教えてもらえる子供は
幸せだなあと
つくづく感心させられました。

私も少しでも子供のために
お役に立ちたいと思い
日々、
子供たちと
火花を散らしながら
指導に取り組んでいたのを
覚えています。

子供の指導は
音楽のライブのようなもの。
そのときどきで変化します。

一時巷で100マス計算が
大流行しましたね。
このごろあまり聞かなくなったのは
私だけでしょうか。

流行の計算方法に頼って
計算練習をしても長続きしません。
システムに流されて
計算が得意だと勘違いしても困ります。

子供を指導しようと思ったら
子供と先生との
生き生きとした関係が大切です。

私も肝に銘じよう。





脳科学を取り入れた楽しいプログラムイロハス・クール無料体験を実施しております。
子ども達一人一人を大切にお預かりしている関係上定員に限りがございます。
楽しいプログラムで「考える力」を育み、将来活かせる「才能」に結び付ける
低学年の地頭力を鍛える学習能力開発スクール

イロハス・クール体験授業お申し込みは 0120-06-7045まで
※定員になり次第募集を終了いたします。ご了承ください。
※遠方からもお越しいただいております。日時・時間はご相談下さい。
  

Posted by イロハス君 at 19:39受験

2014年06月02日

「子ほめ」を楽しんでいるおかあさん

「うちの子、
幼稚園なのに九九が言えるのよ」とか
「足し算や引き算もできるのよ」、とか
素晴らしい自慢になると、
「すごいでしょう、
小学生なのに方程式ができるの」
なんて得意満面に
「子ほめ」を楽しんでいる
おかあさんがいらっしゃいます。

確かに、
答えはあっていますが
計算機と同じように
数字の操作や
単純な丸暗記で
答えを出している場合の方が
多く見受けられます。

答えを出すことが目的で
数の概念や、
数には「数字」と「量」があるんだよ、とか
掛け算はどんな時に使えるのかな、
割り算をしてるのになぜ答えが大きくなるのとか言った
なぜだろう疑問は点数に関係ないから無視!

とにかく
目先の点数や
偏差値がよければ
すべてO.K
口には出されませんが、
そんな保護者の方に出会うと
子供の顔を見ながら、

きっと大きくなるにつけ先が大変だろうね、
まけるな子供!!

と、心の中で応援したくなります。





脳科学を取り入れた楽しいプログラムイロハス・クール無料体験を実施しております。
子ども達一人一人を大切にお預かりしている関係上定員に限りがございます。
楽しいプログラムで「考える力」を育み、将来活かせる「才能」に結び付ける
低学年の地頭力を鍛える学習能力開発スクール

イロハス・クール体験授業お申し込みは 0120-06-7045まで
※定員になり次第募集を終了いたします。ご了承ください。
※遠方からもお越しいただいております。日時・時間はご相談下さい。
  

Posted by イロハス君 at 18:40受験

2014年06月01日

なんでうちの子が落ちこぼれ!

子供の力は
計り知れないものがあります。
子供は毎日が刺激の連続、
言い換えれば勉強の連続です。

実際に体験したり、
見たり、
聞いたり、
触ったり、
臭ったり、
しゃべったりと
体中をつかて
いろんなことを学習しています。

実体験にもとずく獲得情報量は、
絵をみたり、
紙の上で知ったりする知識から来る情報量の
何十倍、何百倍も、
ひょっとすると何千倍もあるかもしれません。

幼児期の知識獲得力は
すさましいものがあります。

「うちの子、ひょっとしたら天才かも」
皆さん方がお子さんを育てているときに
一度は絶対に感じる瞬間があったことと思います。

実は私にも孫がいますが
なんでこんなこと知ってるの、とか
ジャングルジムの4段目まで登れるなんてすごい!とか
勝手にスマートフォンをかけてくるなんてびっくり
とか、毎日驚かされることが次々に起こります。

その時、やはり思ってしまいます。
「うちの孫、天才かも」

この時期は
実体験にもとずく経験をどんどんさせるべきでしょう。

小学生になるころから、
この知識獲得力(別の言い方をすれば記憶力)が
すこしペースダウンします。

この時期(6歳から10歳ぐらい)は、
諸説はさまざまですが
今までに獲得した知識・情報を
熟成させて
考える力(抽象能力)の発達を
促す時期なのです。

単純に知識ばかりを詰め込まれた子供は
5年生ぐらいから
(いやな言葉ですが)極端に
落ちこぼれていきます。

俗に「10歳の壁」
向上心の塊です。
「うちの子、ひょっとしたら天才?」が
「なんでうちの子が落ちこぼれ!」にならないよう
低学年の間を大事にしてあげて下さいね。





脳科学を取り入れた楽しいプログラムイロハス・クール無料体験を実施しております。
子ども達一人一人を大切にお預かりしている関係上定員に限りがございます。
楽しいプログラムで「考える力」を育み、将来活かせる「才能」に結び付ける
低学年の地頭力を鍛える学習能力開発スクール

イロハス・クール体験授業お申し込みは 0120-06-7045まで
※定員になり次第募集を終了いたします。ご了承ください。
※遠方からもお越しいただいております。日時・時間はご相談下さい。

  

Posted by イロハス君 at 16:44受験