地頭力は子供の宝物★イロハス・クール › 国立大学現役合格の80%は小学5年生で決まる!…①

2016年02月14日

国立大学現役合格の80%は小学5年生で決まる!…①

国立大学現役合格の80%は小学5年生で決まる!…①



 パレートの法則というのをご存知ですか。

的確な20%の努力が物事の80%を決めるのです。

これは国立大学現役合格への道にも当てはまります。

 脳のハードは6歳までに90%、
ソフト(脳力)は10歳までに90%ができ上がると脳科学ではいわれています。

この時期に適切な訓練指導(しつけ)を受けた子どもとそうでない子どもでは、
能力的にも精神的にも大きな差ができてきます。

 私の時代は学校で知能テストが行われていました。
小学校5年生で知能指数が120以上の子どもと国立大学進学者との間には
漠然とした相関関係を感じました。

学力形成の基礎となる暗記力・集中力・持続力を小学5年生までに獲得した子どもは
総合力に優れ、言語能力・発想力も豊かです。

 知識の詰め込みに無駄な80%の努力を強いる前に、
国立大学合格への学力の基礎を決める重要な80%を
適切な20%の努力で獲得する。


これが国立大学現役合格への秘訣です。



Posted by イロハス君 at 14:04