地頭力は子供の宝物★イロハス・クール › 受験 › 中学受験を考えている小学生の低学年をお持ちのお母さん

2018年06月13日

中学受験を考えている小学生の低学年をお持ちのお母さん

中学受験を考えている小学生の低学年をお持ちのお母さん。
学校の点数より、学年枠を取り払った学習の仕方をしてみましょう。

一般に、学校の枠を取り払った教科書の使い方をしている小学校はあまり見当たらないようです。
1年生には1年生の教科書、6年生には6年生の教科書を学習しているのが一般的です。

このために、学力的にさらに磨きをかけたいと望んでいる小学生の大半は、塾などで学ばざるを得ないようです。

また、それに関連して、塾は何年から行くべきだろうか、などといったことが話題になります。
しかしどのように子供を導いていくかについてご家庭での検討なくして、塾をあれこれ言うのは
望ましい考え方とは言えません。

子供はどの子も、「強くありたい」と望んでいます。
ですから、その願いにこたえることを考えればいいのです。
「勉強しなさい」と言うのではなく、強くなりたい子供の願いをどのようにして実現させてあげられるか、
考えればいいにです。

子供は、学年を超えたとき、強くなったと感じ、自分に自信を持ちます。
学年を超えて学んでいくとき、学ぶ楽しさを十二分に味わうことができるのです。

また、学年を超えた内容であるからと言って、
そのことが子供にとって困難なことだとは言えないところに
面白味があります。

ただし、これは単純にとび級をすればいいことではありませんので
誤解がないようにしてください。


脳科学を取り入れた楽しいプログラムイロハス・クール無料体験を実施しております。
子ども達一人一人を大切にお預かりしている関係上定員に限りがございます。
楽しいプログラムで「考える力」を育み、将来活かせる「才能」に結び付ける
低学年の地頭力を鍛える学習能力開発スクール

※定員になり次第募集を終了いたします。ご了承ください。
※遠方からもお越しいただいております。日時・時間はご相談下さい。

こどもの未来を教育の力で創り出すエフイーアイ


同じカテゴリー(受験)の記事画像
中学受験で失敗させないコツ②
中学受験で失敗させないコツ①
「母乳語」と「離乳語」
速読のトレーニング法
本を読むトレーニング_朗読に挑戦
国語の話、音読から朗読、そして黙読
同じカテゴリー(受験)の記事
 中学受験で失敗させないコツ② (2018-06-16 00:58)
 中学受験で失敗させないコツ① (2018-06-15 01:10)
 「母乳語」と「離乳語」 (2014-06-24 16:11)
 速読のトレーニング法 (2014-06-23 22:47)
 本を読むトレーニング_朗読に挑戦 (2014-06-22 19:04)
 国語の話、音読から朗読、そして黙読 (2014-06-17 15:10)

Posted by イロハス君 at 14:05 │受験