地頭力は子供の宝物★イロハス・クール › 受験 › 本を読むトレーニング_朗読に挑戦

2014年06月22日

本を読むトレーニング_朗読に挑戦

本を読むトレーニングには、大きく分けて二つの方法があります。

一つは、本を早く読む練習です。これは速読といわれています。
もう一つは本を正確に読み上げる練習です。これは朗読といわれています。

今回は、この朗読に挑戦します。

まず、自分の好きな本を準備します。(好きな本というところがミソです)
そして、本の上の文字を見ながら、そのまま声に出して読みます。

必ずどこかで読み間違いが起きます。
プロのアナウンサーは、本や資料を読むときに読み間違いをしません。

これにはコツがあります。
目の動きを読む文字より前にもってきます。
目は一行先を見ながら、覚えた文章を口に出していきます。

句読点に気をつけながら、人が聞き取りやすいスピードで読んでみましょう。
何ページ間違えることなく読めましたか。

間違えずに連続で読み続けられたページ数を数えます。
間違えたら、最初のページにもどり、再び読み始めて下さい。

おおよその目安です。(級はかってにつけました)
1級 20ページ以上
2級 15ページ以上
3級 10ページ以上
4級 5ページ以上
5級 3ページ以上
6級 1ページ以上

達成した日を書き込んでおくと効果的です。






脳科学を取り入れた楽しいプログラムイロハス・クール無料体験を実施しております。
子ども達一人一人を大切にお預かりしている関係上定員に限りがございます。
楽しいプログラムで「考える力」を育み、将来活かせる「才能」に結び付ける
低学年の地頭力を鍛える学習能力開発スクール

イロハス・クール体験授業お申し込みは 0120-06-7045まで
※定員になり次第募集を終了いたします。ご了承ください。
※遠方からもお越しいただいております。日時・時間はご相談下さい。

こどもの未来を教育の力で創り出すエフイーアイ

専門家による時事ネタコラム「ジジコ」に取り上げられました。


同じカテゴリー(受験)の記事画像
中学受験で失敗させないコツ②
中学受験で失敗させないコツ①
中学受験を考えている小学生の低学年をお持ちのお母さん
「母乳語」と「離乳語」
速読のトレーニング法
国語の話、音読から朗読、そして黙読
同じカテゴリー(受験)の記事
 中学受験で失敗させないコツ② (2018-06-16 00:58)
 中学受験で失敗させないコツ① (2018-06-15 01:10)
 中学受験を考えている小学生の低学年をお持ちのお母さん (2018-06-13 14:05)
 「母乳語」と「離乳語」 (2014-06-24 16:11)
 速読のトレーニング法 (2014-06-23 22:47)
 国語の話、音読から朗読、そして黙読 (2014-06-17 15:10)

Posted by イロハス君 at 19:04 │受験