地頭力は子供の宝物★イロハス・クール › 教育 › こどもの能力を伸ばすのはいつまでが最適か

2014年08月30日

こどもの能力を伸ばすのはいつまでが最適か

能力を伸ばすには、一つ一つの能力をバラバラに伸ばすより
バランス良くすべての基礎能力をしっかり伸ばしたほうがずっと近道です。
学習面においても能力を伸ばすためのトータルな脳力(学習リテラシー)を
育てる必要があります。

こどもの能力を伸ばすにはいつ頃から始めるのがいいのか。

子供がおなかの中にいる間から始めている方もいるぐらいです。
「いつ頃から始めればいいんでしょう」と真剣に悩んでいる方もいます。
特定の分野においては、親が早くから英才教育をするのは
必要かもしれません。たとえば、スポーツや音楽、芸術といった分野でしょうか。
でも、今の一般的な考え方では、
親が早くから方向性を決めて、英才教育をしてしまうのは
考えものだと言われています。

1歳過ぎたら能力開発は手遅れ!!
って言われたらショックですね。

私の存じ上げている精神科の山本先生曰く
「とにかく人間、生まれた瞬間が最高で、あとは後天的努力に頼るしかないよ。
言ってみれば、みんな手遅れだ~よ。」
って笑っておっしゃっていました。

人間はシナプスの数が爆発的に増えるのは2本足で歩き始める1歳前後だろうといわれています。
脳を効率よく発達させるにはこの時期にたくさんの刺激を与えることが有効ですが
1歳過ぎたらもう駄目だよってことはないです。
事実、60歳過ぎても脳は発達するみたいだと唱えている学者もいます。
ただし、旬が過ぎればすぎるほど、繰り返しの回数を増やさなければならないのは
仕方ないことです。
その分、多くの手間と時間が必要になるのは当然でしょうね。

学習に必要なリテラシィ―(地頭力)は整備しやすい時期に
訓練する方が何かと後々楽だと思いませんか。






脳科学を取り入れた楽しいプログラムイロハス・クール無料体験を実施しております。
子ども達一人一人を大切にお預かりしている関係上定員に限りがございます。
楽しいプログラムで「考える力」を育み、将来活かせる「才能」に結び付ける
低学年の地頭力を鍛える学習能力開発スクール

イロハス・クール体験授業お申し込みは 0120-933-809まで
※定員になり次第募集を終了いたします。ご了承ください。
※遠方からもお越しいただいております。日時・時間はご相談下さい。

こどもの未来を教育の力で創り出すエフイーアイ



同じカテゴリー(教育)の記事画像
子供はみんな勉強好き_読み書き計算は学習の基礎
子育てで失敗しないコツ
「地頭力」・「学びの感性」を育てましょう
子どもの未来を教育で創り出すエフイーアイ
2020年、大学入試が変わる_1
わが子の将来のビジョンを描いてみませんか
同じカテゴリー(教育)の記事
 子供はみんな勉強好き_読み書き計算は学習の基礎 (2018-07-07 12:19)
 子育てで失敗しないコツ (2018-06-21 00:18)
 「地頭力」・「学びの感性」を育てましょう (2018-06-11 10:00)
 子どもの未来を教育で創り出すエフイーアイ (2018-06-10 10:44)
 2020年、大学入試が変わる_1 (2015-11-25 23:26)
 わが子の将来のビジョンを描いてみませんか (2015-11-20 16:47)

Posted by イロハス君 at 08:00 │教育